ゴム手袋の捨て方 〜横浜市ごみの捨て方〜

2013年8月15日

燃やすごみ 古布

こんにちは!!

横浜市一般廃棄物許可業協同組合です。

夏には時間があるので、いつもお掃除しないところを綺麗に!!

と、年末の大掃除の前に「夏掃除」をする方も多いみたいですね!

今、掃除しておくと夏が快適に過ごせるって本当!?

なぜ夏のお掃除なのか?

  • 冬のように水が冷たくないので、窓など外まわりの掃除が気持ちいい!
  • 夏のジメジメで増える、カビやダニの増殖も抑えられます!
  • 日が長いので夕方からでも始められます!

 

とメリットが沢山あるので、皆さんも 夏掃除してみてくださいね♪夏の掃除のポイントとなる場所は、「外まわり」「エアコン」「リビング・床」「水まわり」の4か所

特に水か冷たくない「水まわり」重要ですよね!
ということで 本日の『分別してみよう!』は、、、
水仕事などに大活躍!の「ゴム手袋」の捨て方です!

ゴム手袋は、ゴムでできていますので、「燃やすごみ」として捨てて下さい。

※ 普通の布製の手袋は、「古布」として捨てて下さい。

 

ごみの分別にご協力お願い致します。

 

■関連の情報■ ーーーーーーー

ゴム手袋、皆さんはどのようにして管理(使用後のメンテナンス)していますか?

ゴム手袋、内生地部分の摩擦がおき、ゴムのようなカスがたまに出ることがあります。

それ以外にでも、衛生的にそろそろ気になる・・と思い出したら、
指一本いっぽんにいたるまで全てを裏返し(邪魔くさいんですけど)、
石けんや水などで洗い流して、そのまま吊っておいて乾かします。

次回使うときは、また指一本いっぽんを裏返してから使っています。

裏返し、大変ですけど、洗って完全に乾かすためには、一本いっぽんにいたるまで裏返さないと・・・。
売っているゴム手袋、コーンスターチが施されているもの、ありますよね、確かに。

でも、自分では、コーンスターチや小麦粉を塗しておくことはしません。
脱ぎはめはしやすいのでしょうが、手が粉っぽくなりそうだし、その手のまま、急な電話の受話器はもてないかも?
(脱ぎはめしやすいゴム手袋を使っています。)

—-

多くの人は、外側しか洗っていないようですね。
ゴム手袋をつけたまま石鹸で手を洗う時のように洗い、乾かします。
古くなったら捨てて新しいものを買う!という人が一般的みたいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最近は、沢山のお問い合わせを頂くようになり、大変感謝しております。

一般の細かいごみの捨て方に関しましては、
横浜市にご連絡して頂き、回収方法をご確認くださいませ。

その他の大きな横浜市の一般廃棄物に関する問い合わせは、当組合にお問い合わせ下さいませ。

 

 

横浜市のごみの詳しい詳しい分別の仕方

横浜市でごみを処分する際の値段表

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合事務局 TEL045-662-2563 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日除く)
フォームからのお問い合わせはこちら

横浜市一般廃棄物許可業協同組合
横浜資源循環局

横浜市一般廃棄物許可業協同組合公式Facebookページ

タグ


このページの先頭へ