電気シェーバー(髭剃り)の捨て方  横浜市ごみの捨て方

2014年3月22日

燃やすごみ 小さな金属類

こんにちは!!

横浜市一般廃棄物許可業協同組合です。

このブログの動画もたくさん上げてきました!

皆さんのお役に立てているといいなとおもいながら、今日も更新していきたいとおもいます!

 

 

。。。本日の『分別してみよう!』は、、、  「電気シェーバー(髭剃り)」の捨て方です!

電気シェーバー(髭剃り)でプラスチック製のものは、「燃えるごみ」として捨てることができます。
半透明のビニール袋に入れて捨てて下さい。

 

また、小さな家電はリサイクルをすべく「小型家電」として、回収を行っております。

各区役所、横浜市の資源循環局 30cm x 15cmの投入口に入るものは

全て回収の対象になります。

 

詳しくは「横浜小型家電」で検索してください!

 

■シェーバーを選ぶポイント

・自分のヒゲを知る。濃いか薄いか、肌が弱いか強いかによって、自分に適したシェーバーを判断

・どんなふうに剃れるのかは、その刃をじっくり観察するとわかる

・シェーバーに何を求めるかを考える。相反する要求もあり。

深く剃れる  = 肌は傷つきやすい
早く剃れる  = 本体が高い・音がうるさい・手入れが複雑
本体が安い = 剃りが遅い・維持費が高い
全自動洗浄 = 価格・維持費は高い

・高価・最新製品がベストとは限らず、中価格帯にも良いものが

・高価な製品は、替刃も高価

・最終的には、好みの問題

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近は、沢山のお問い合わせを頂くようになり、大変感謝しております。

一般の細かいごみの捨て方に関しましては、
横浜市にご連絡して頂き、回収方法をご確認くださいませ。

その他の大きな横浜市の一般廃棄物に関する問い合わせは、当組合にお問い合わせ下さいませ。

※注意※

お店や、会社、企業など、事業者が出されるごみを、家庭ごみとして捨てることは違法です。
事務所の移転や引っ越し、閉店等で出るごみも同様です。
詳しくは当組合にぜひご相談ください。

遺品整理に伴う処分には「一般廃棄物」の許可が必要です。
ご依頼される遺品整理業者が「一般廃棄物」の許可を取得しているか
必ずご確認ください。
「産業廃棄物」や「古物商」等の許可では対応できません。
ご注意ください。

 

横浜市のごみの詳しい詳しい分別の仕方

横浜市でごみを処分する際の値段表

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合事務局 TEL045-662-2563 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日除く)
フォームからのお問い合わせはこちら

横浜市一般廃棄物許可業協同組合
横浜資源循環局

横浜市一般廃棄物許可業協同組合公式Facebookページ

タグ

このページの先頭へ