懐中電灯の捨て方 〜横浜市ごみの捨て方〜

こんにちは!!

横浜市一般廃棄物許可業協同組合です。

 

先日、3.11から2年となりました。
再度、家の中にある防災グッツを確認した方も多いのではないでしょうか?

昨日は、防災シートの捨て方をご紹介いたしましたが、
意外とためてしまい、処分に困る防災グッツ。

「懐中電灯」です。

ラジオ付きだったり、発電式だったり、いろいろなタイプが出回っていて、
最近では、100円均一でもコンパクト懐中電灯の取り扱いもあるくらい身近になりました。
いざ!という時には身軽に動けるようにしたいので、大きなものや、壊れているものは
確認して、処分することもお勧め致します。

 

ということで、

本日の『分別してみよう!』は、、、「懐中電灯」の捨て方です。

 

 

懐中電灯は「燃やすごみ」として捨てることができます。

※ただし、中の 『電池』は抜いてから、捨てて下さい。

 

横浜市のごみの詳しい詳しい分別の仕方

横浜市でごみを処分する際の値段表

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合事務局 TEL045-662-2563 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日除く)
フォームからのお問い合わせはこちら

横浜市一般廃棄物許可業協同組合
横浜資源循環局

横浜市一般廃棄物許可業協同組合公式Facebookページ

Related posts:

  1. 防災シートの捨て方 〜横浜市ごみの捨て方〜
  2. サンタ帽の捨て方 〜横浜市のごみの捨て方〜
  3. ポット/ピッチャーの捨て方 〜横浜市のごみの捨て方〜
  4. 使い捨てカイロの捨て方 〜横浜市のごみの捨て方〜
  5. スタンプ台・朱肉の捨て方  〜横浜市のごみの捨て方〜

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:燃やすごみ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ