延長コードの捨て方 〜横浜市のごみの捨て方〜

2012年12月22日

燃やすごみ

こんにちは!!

横浜市一般廃棄物許可業協同組合です。

 

【パソコン周りや電化製品の配線のデザイン】
これって、部屋のアレンジメントで結構重要なインテリアデザインになってきますよね。

とくに、オフィスでは沢山のパソコンが並び、コードが走り回るので
配線関係まで気を使ったデザインをしている部屋は特に差がでると言われています。

みなさんのオフィスの配線デザインはいかがでしょうか?

そこでよく使われるのが『延長コード』

 

延長コードは、『燃やすごみ』として捨てることができます。

今では、↓こんな『見せる配線』もたくさん出ていますからね!

 

見せておきたいオシャレで機能充実の延長コード「PLUGO」

※ monos(モノス)の「PLUGO(プラゴ)」は電源タップと延長コードを組み合わせたアイテム。
ドーナツのように真ん中に穴が開いた丸いかたち。コード部分はスッキリとまとめられて収納性も抜群。
PLUG+◎で「PLUGO」と名付けられたのも納得のオシャレで機能充実の新しい延長コード。

 

素敵な配線環境で、素敵な空間を手にしてくださいね。

 

横浜市のごみの詳しい詳しい分別の仕方

横浜市でごみを処分する際の値段表

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合事務局 TEL045-662-2563 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日除く)
フォームからのお問い合わせはこちら

横浜市一般廃棄物許可業協同組合
横浜資源循環局

横浜市一般廃棄物許可業協同組合公式Facebookページ

タグ


このページの先頭へ