オイル缶の捨て方

2012年8月24日

小さな金属類

こんにちは!!

横浜市一般廃棄物許可業協同組合です。

 

ということで
本日の『分別してみよう!』は、、、「オイル缶」の捨て方です。

▽こちらを御覧下さいませ!

金属製のオイル缶は、「小さな金属類」として捨てて下さい。

その際、中に入っているオイルは 必ず全てない状態にして 廃棄をお願いいたします。

廃油は市販のオイルぱっくりなどのような染み込ませるもの
もしくは、ボロ切れや新聞紙雑誌などを細かくして吸わせて燃やすごみへ。

【オイル缶】と【廃油】を分けるだけです!

ついでに、使い古しのヘルメットは燃やすごみでOKです。

 

■その他 オイル関係

アロマオイルの容器(ガラス製) 燃えないごみ
アロマオイルの容器(プラスチック製) 燃やすごみ
オイルスプレー(調理用) 燃やすごみ 金属製のものは小さな金属類 ガラス製のものは燃えないごみ
オイルフィルター(車用オイルエレメント) 小さな金属類
オイルボトル(ガラス製) 燃えないごみ
オイルボトル(プラスチック製) 燃やすごみ
オイルポット 小さな金属類 陶器製のものは燃えないごみ。
オイルライター・ガスライター(金属製) 小さな金属類 中身を使い切って
缶(飲料用・食品用以外) 小さな金属類 中身を使い切って。30cm以上のものは粗大ごみへ
ガラスびん(食品・飲料が入っていたもの) 缶・びん・ペットボトル

 

横浜市のごみの詳しい詳しい分別の仕方

横浜市でごみを処分する際の値段表

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合事務局 TEL045-662-2563 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日除く)
フォームからのお問い合わせはこちら

 

 

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合
横浜資源循環局

タグ


このページの先頭へ