衣装カバーの捨て方 〜横浜市のごみの捨て方〜

2012年12月18日

燃やすごみ

こんにちは!!

横浜市一般廃棄物許可業協同組合です。

スーツやコートなどを購入した際に服と一緒に頂く[衣装カバー]
家の外へ衣類を持ち運ぶ際には非常に便利なので、とって置いている方も多いと思います。

通気性を確保しながらホコリや汚れから大切な洋服を守るのが洋服カバーの重要な役目。
クローゼットや洋服たんすにしまう際にも、カバーをかけている方が、衣類の為には良いことが多いですね。

クローゼット内は意外とホコリが溜まりやすいもの。
知らず知らずのうちにホコリがついて、いざ着ようと思ったらホコリがついていることもあります。
また、クリーニン グで入れてくれる全面ビニールのカバーはホコリは避けてくれますが、通気性が無い為、湿気やクリーニング時の溶剤がカバー内にこもってしまうので注意が必要です。

いつでも着たい洋服がベストコンディションで着られるよう用途に合わせた洋服カバーを上手に取り入れてみてください。

ビニール製のカバーや、ファスナー部分が壊れてしまったものなどは、適切な分別で捨ててくださいね。

ということで、

本日の『分別してみよう!』は、、、「衣装カバー」の捨て方です。

衣装カバーは、ビニールや布製のものがほとんどですので、
「燃やすごみ」として、捨てることができます。

小さく折り畳んで、半透明のビニール袋にいれて分別をお願いいたします。

横浜市のごみの詳しい詳しい分別の仕方

横浜市でごみを処分する際の値段表

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合事務局 TEL045-662-2563 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日除く)
フォームからのお問い合わせはこちら

 

 

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合
横浜資源循環局

タグ


このページの先頭へ