横浜市 「燃やすごみ」の出し方

2012年9月3日

捨て方が解らないごみの相談

週2回収集
(集積場所のシールなどで確認してください)

【1】 中身がはっきりと確認できる半透明の袋にまとめて入れてください。
(少量の木の枝、板などは束ねて出してください。)
【2】 金属部分が多いものは「小さな金属類」に出してください。

 

☆燃やすごみの持ち込みについて

燃やすごみの収集回数は、22年度から、年間を通して週2回収集とさせていただいております。
生ごみやおむつ等の臭いに苦慮されている場合は、お近くの収集事務所へごみを持ち込むことができます。

<受入期間>
7・8月の水曜日または木曜日
<受入時間>
8時から16時45分まで

※ 持ち込みの際は、収集事務所の窓口までお越しください。
※ 居住区以外の収集事務所へも持ち込みができます。
※ 必ず分別をしてからお持ちください。

 

〜 主な対象物 〜
台所のごみ :出す前に水をよく切ってください。
台所のごみ

少量の木の枝、板など : 50センチ未満に切り、束ねてください。
少量の木の枝、板

てんぷら油など : 布や紙にしみこませるか、固めてください。
てんぷら油

おもちゃ、ビデオテープなどのプラスチック製品
おもちゃ、ビデオテープ

小型家電製品(ドライヤー、アイロンなど)
主にプラスチックでできている一番長い辺が50cm未満のもの
小型家電製品
金属部分が多いものは小さな金属類に出してください。

 

紙おむつ : 汚物をトイレに流し、小さく丸めるなどして不衛生にならないようにしてください。

紙おむつ

 

 

横浜市のごみの詳しい詳しい分別の仕方

横浜市でごみを処分する際の値段表

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合事務局 TEL045-662-2563 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日除く)
フォームからのお問い合わせはこちら

 

 

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合
横浜資源循環局

タグ


このページの先頭へ