緩衝材/梱包材の捨て方

2012年8月25日

燃やすごみ 燃えないごみ 資源ゴミ

こんにちは!!

横浜市一般廃棄物許可業協同組合です。

郵送の荷物で壊れやすいものには必ず入っている「緩衝材/梱包材」。

捨て方がわからない〜っとそのままにしていると

これって、けっこう溜まっていってしまいませんか??

ということで
本日の『分別してみよう!』は、、、「緩衝材/梱包材」の捨て方です。

▽こちらを御覧下さいませ!

素材と大きさによって違いますが、
【燃やすごみ】、【プラスチック製容器包装】、【古紙(雑誌・その他の紙)】として捨てて下さい、

 

■ 緩衝材/梱包材 類

緩衝材(紙製) 古紙(雑誌・その他の紙)
靴箱の中紙(緩衝材) 古紙(雑誌・その他の紙)
宅配便を利用する際に使われた緩衝材 燃やすごみ 中身が商品ではないため(通信販売に使用されたものはプラへ)
発泡スチロール(商品の梱包や緩衝材として使用していたもの) プラスチック製容器包装 プラマークを確認
プラスチック製気泡緩衝材 プラスチック製容器包装

◎印がある場合:地域で「資源集団回収」が実施されている場合にはそちらを優先的にご利用ください。

 

横浜市のごみの詳しい詳しい分別の仕方

横浜市でごみを処分する際の値段表

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合事務局 TEL045-662-2563 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日除く)
フォームからのお問い合わせはこちら

 

 

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合
横浜資源循環局

タグ


このページの先頭へ