横浜市ごみの出し方捨てかた~2015新シリーズ~13 傘、かっぱ、タオル

2015年6月8日

燃やすごみ 捨て方が解らないごみの相談

こんにちは、横浜市一般廃棄物許可業協同組合blog担当shです。関東地方も梅雨に入りしばらくはうっとおしい日が続きますね。

前回12はジメジメを改善する防虫剤・乾燥剤の出し方でしたが、入ってしまったら必需品な物をもう一度ご紹介致します。

はじめは・傘です。骨組みは小さな金属類へ出すことができ、持ち手はそのままで可能です。また取った布やビニールは燃やすごみ、骨がプラスチック製も燃やすごみになります。

続いて・カッパ(雨合羽)です。(ビニール・ゴム)は燃やすごみになります。

最後はカバンにしまっておくと便利な・タオルです。タオルは洗濯して、乾燥してから古布として、町内などで行っている、資源集団回収へ出して頂くようお願い致します。

 

 

 

横浜市のごみ、適正処理しましょう。横浜市一般廃棄物許可業協同組合

 

 

 

組合60社不用品回収適正業者マーク(各業者使用の際には業者ごとの横浜市の許可番号が記載されます)

 

ロゴ1

 

 

 

タグ


このページの先頭へ