年末年始粗大ごみの出し方~その20~傘

2014年12月31日

燃やすごみ 燃えないごみ 小さな金属類 捨て方が解らないごみの相談

 

こんににちは、横浜市一般廃棄物許可業協同組合blog担当shです。今年のブログも本日が最後になります。

今年最後のごみの出し方は、傘です。みなさんが必ずといっていいほど、購入するビニール傘ですが、持つ手にAPOと印されており

APOとは傘のビニール部分の材質の名前で素材名「非晶質ポリオレフィン」(Amorphous Polyolefin)の略語です。

環境配慮型商品の傘でAPOは傘を焼却した際に有毒ガスを発生しないのだそうです。

またAPOは文字の色にも違いが意味があるのですが、青でかかれていれば65cm、通常の色であれば60cmだそうです。(気づかなかった)

ではその傘の出し方です。傘はそのままでは捨てることができません。

取手 の部分は「ちいさな金属類」

傘のビニール部分は、「燃やすごみ」となります!

本年も組合日記をご覧いただきして誠にありがとうございました。

来年もお役にたてる情報をお伝え致しますのでよろしくお願い致します。

 

1.年末年始のごみと資源物の収集日

平成26年12月31日(水)から平成27年1月4日(日)まで、ごみと資源物の収集をお休みさせていただきます。

□■「燃やすごみ」■□

「 燃やすごみ 」を《 月曜日・金曜日 》収集する地域は、年末12月29日(月)まで、年始1月5日(月)から収集します。「 燃やすごみ 」を《 火曜日・土曜日 》に収集する地域は、年末12月30日(火)まで、年始1月6日(火)から収集します。

□■「 プラスチック製容器包装 」・「 缶・びん・ペットボトル 」・「 小さな金属類 」は、年末は12月30日(火)まで、年始は1月5日(月)から通常の曜日どおり収集します。■□

□■「 古紙・ 古布等 」は、自治会・町内会・こども会などで実施している「資源集団回収」で回収しています。年末年始の収集は、12月31日から1月4日までお休みですが、一部異なる地域もありますので、古紙・古布等の回収場所でご確認いただくか、回収業者へ直接お問い合わせください。■□

さわやかに新年を迎えるためにも、ごみと資源物の排出ルールを守りましょう。

* 収集時間が変わることがあります。朝8時までに出してください。* 年末最後の収集後は、ごみと資源物を絶対に出さないでください。* 年末年始も分別をされていないものや、違う曜日に出されたものについては、収集できません。

【お問い合わせ】 お住まいの区の資源循環局事務所

タグ


このページの先頭へ