年末年始粗大ごみの出し方~その6~

2014年12月3日

燃やすごみ 燃えないごみ 小さな金属類 電化製品 粗大ごみ 捨て方が解らないごみの相談

 

こんにちは、横浜市一般廃棄物許可業協同組合blog担当shです。

年末年始大掃除をしていると、必ず出てくるのが健康器具ですね?夏前に痩せようと思って購入~暑いからやめる~しまっておこう~

冬になって正月太り~またダイエットしよう~いや明日から~またしまっておこうの繰り返し健康器具の捨て方、そして切れてしまうとイライラする前に蛍光灯、蛍光灯を取り付けるには脚立が必要ですね。今日はその3点をもう一度動画で紹介します。

表紙年末

 

まずは健康器具のチューブです。このチューブは燃やすごみとして捨てることができますが、手元の中に入っている

金属部分は小さな金属として捨ててください。

蛍光灯は、燃えないごみとして、割れないように購入時の箱や大き目のビニールや新聞に包むなどをして捨ててください

脚立は粗大ごみとして出すようになりますので、横浜市へ早めに申込みお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ


このページの先頭へ