年末年始粗大ごみの出し方~その5番外編~

2014年12月1日

燃やすごみ 捨て方が解らないごみの相談

表紙年末

 

 

おはようございます。今日から12月冬がようやく始まりますがすでにインフルエンザは流行の兆し・・・年末に風邪をひいてしまうと、

大切なイベントに参加できないってことにならないように、手洗い、うがいを忘れずにしましょう。

そんな風邪に必要なものはマスクですがそのほかにも2点は必需品ではないでしょうか?今回は使い捨てカイロと冷却ジェルです。

使い捨てカイロは大変重宝しています! 張るタイプのカイロを腰に貼ったり、お腹に貼ったり…

『使い捨てカイロの原理』としては「鉄と酸素の化学反応」ですよね。

鉄を空気中に放置しておくと、次第に真っ赤にさびていきます。
これは、酸化という化学反応によるもので、鉄が空気中の酸素と結合して酸化鉄に変化するためです。
ところで、この反応では熱が発生します。ふつう、化学反応では熱の発生や吸収が起こります。
熱が発生する場合を発熱反応、吸収される場合を吸熱反応とい い、その時の発熱や吸熱を反応熱と呼びます。

一般的に、物質を構成する分子は原子の化学結合によってつくられ、化学結合を切り離す時にはエネルギーが必要 になり、
逆に化学結合する時にはエネルギーを放出します。
鉄が酸素と結合して酸化鉄へと変化する時には、余分なエネルギーを反応熱として放出しているのです。

参考:http://www.ngk.co.jp/site/no43/content.htm

 

と、すこ〜しだけ、お勉強したところで!

本日の『分別してみよう!』は、、、「使い捨てカイロ」と「冷却ジェルシート」熱が出たら昔は水枕~アイスノンでしたが最近は手軽に冷却ジェルシートのおかげですぐに使えて便利ですが使い切ってしまうとぱさぱさになってしまいちょっともったいないような気がしますが・・・・

一般的に「使い捨てのカイロ」と「冷却ジェルシート」は、「燃やすごみ」として捨てることができます。

半透明のゴミ袋にいれて捨てて下さい。

一方、カイロが入っていた包装用のプラスチックビニールは、包装用プラスチックとして半透明のゴミ袋にいれて捨てて下さい。

※横浜市の粗大ごみ年末年始について(横浜市資源循環局ホームページより)

年末年始の粗大ごみ受付センターの受付

12月の申込みは特に混み合いますので、年内の収集にお伺いできない場合もございます。あらかじめご了承ください。

◆ 電話での申込み ◆

受付時間 : 月曜日~土曜日 午前8時30分から午後5時まで平成26年12月31日(水)から平成27年1月4日(日)までお休み

一般加入電話などからは、        0570-200-530

携帯電話・IP電話などの定額制や無料通話などの通話料割引サービスを利用される方は、      045-330-3953

※ 聴覚・言語に障害のある方はFAXでのお申込みができます。     【FAX】 045-662-1225 (聴覚・言語に障害のある方専用)

◆ インターネットでの申込み ◆  https://www.sodai.city.yokohama.lg.jp   24時間 年中無休で受付。  ※ただし、平成26年12月30日(月)正午から平成27年1月4日(日)にお申し込みされた方への    本受付のメール(収集日等のお知らせ)の送信は、1月5日以降になります。

 

 

 

 

 

 

タグ


このページの先頭へ