横浜市 「古紙」の出し方

2021年6月22日

古紙

月2回収集
(集積場所のシールなどで確認してください)

※自治会・町内会、子供会などで実施している「資源集団回収」に優先的にお出しください。
※「古紙」は雨の日でも出せます。

【新聞】
四つ折りにして、まとめてひもでしばってください。

【雑誌
週刊誌、漫画本、専門誌、単行本、百科事典、教科書、カタログなど
まとめてひもでしばってください。

※紙製以外の付録や皮や布、ビニール等の紙製以外の表紙は取り除いて「燃やすごみ」として出してください。

【その他の紙
包装紙、パンフレット、メモ帳、シュレッダーした紙、お菓子などの紙箱、レシート、紙袋など
「新聞」「雑誌」「段ボール」「紙パック」以外の紙、紙袋(ない場合は半透明の袋)に入れ、
ひもでしばるなど中身が出ないようにしてください。

▽※燃やすごみとして出すもの▽
汚れた紙、銀紙、内側がアルミ貼りの紙パック、裏カーボン紙、捺染紙(アイロンプリント紙など)、
感熱発泡紙(点字などに使用する加熱すると盛り上がる紙)、カップ麺の紙製容器、
ヨーグルト・アイスクリームの紙製容器、洗剤の紙製容器、石けんの個別包装紙
【段ボール】

折りたたんでひもでしばってください。

※アルミでコーティングされたものやワックス加工されたものは「燃やすごみ」へ
※粘着テープは取り除いて「燃やすごみ」へ

【紙パック】

・水洗いして切り開き、乾燥させてください。
・大きさをそろえてひもでしばってください。

※内側がアルミ貼りのものは「燃やすごみ」へ捨てて下さい。

横浜市のごみの詳しい詳しい分別の仕方

横浜市でごみを処分する際の値段表

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合事務局 TEL045-662-2563 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日除く)
フォームからのお問い合わせはこちら

 

 

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合
横浜資源循環局

タグ

このページの先頭へ