京都・名古屋研修 /横浜市一般廃棄物許可業協同組合

こんにちは!!

横浜市一般廃棄物許可業協同組合です。

日々、みなさまの素朴な悩みを解説させるために
ごみの捨て方動画を配信しておりますが、組合としての動きも一部紹介したいとおもいます。

平成26年自民党横浜市連に要望している横浜市焼却工場365日24時間の達成をめざし、
現在、既に実施されている京都市の実態を調査してまいりました。

公害になるもの(臭気・汚水)を一切出さないとして「エコの森」と呼べる施設となっていました。

(すばらしい!)

もともとは四国にあった施設を中古で買い取り、工場は一廃・産廃・再生処理の許可を有していますが、
通常は一廃・産廃を処理する場合は時間差・場所を変える等により許可を取得しますが、
ここは一廃・産廃が同一工場・敷地で同時に処分されているとのこと。

収集事業場は京都・大阪・奈良・滋賀にある大手スーパー・コンビニの他、飲食店・食品メーカー
菓子・豆腐製造、学校給食等であります。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

再生処理工程(飼料化)

原料→分別→貯留→加油・撹拌→脱水→油切→搾油→粉砕→篩い→冷却→製品

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
場内は強烈な食料油の臭いがしていましたが、
独特の生ごみの臭気及び汚水はなく、工場も綺麗に整理・整頓されていました。

その他、様々に調査、勉強させて頂きました!ありがとうございます。

今後の皆様の生活改善にもプラスさせて行きたいとおもいます。
宜しくお願い致します。

― ― ― ― ― ― ― ―

 

最近は、沢山のお問い合わせを頂くようになり、大変感謝しております。

一般の細かいごみの捨て方に関しましては、
横浜市にご連絡して頂き、回収方法をご確認くださいませ。

その他の大きな横浜市の一般廃棄物に関する問い合わせは、当組合にお問い合わせ下さいませ。

※注意※

お店や、会社、企業など、事業者が出されるごみを、家庭ごみとして捨てることは違法です。
事務所の移転や引っ越し、閉店等で出るごみも同様です。
詳しくは当組合にぜひご相談ください。

遺品整理に伴う処分には「一般廃棄物」の許可が必要です。
ご依頼される遺品整理業者が「一般廃棄物」の許可を取得しているか
必ずご確認ください。
「産業廃棄物」や「古物商」等の許可では対応できません。
ご注意ください。

 

横浜市のごみの詳しい詳しい分別の仕方

横浜市でごみを処分する際の値段表

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合事務局 TEL045-662-2563 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日除く)
フォームからのお問い合わせはこちら

横浜市一般廃棄物許可業協同組合
横浜資源循環局

横浜市一般廃棄物許可業協同組合公式Facebookページ

タグ

このページの先頭へ