節分、パーティーなど)お面の捨て方 〜横浜市ごみの捨て方〜

こんにちは!!

横浜市一般廃棄物許可業協同組合です。

 

鬼は〜〜〜〜外!!!

福は〜〜〜〜内!!!

2/3、東京タワーでは「すごい節分」というのが開催され、
1トンの豆、600人が鬼に投げつけるというイベントがあったそうです!

皆さんは、思い思いの節分を過ごされましたでしょうか??

>参考
東京タワー(港区芝公園4)で節分の日の2月3日、「すごい豆まき2012」が行われ、
1.2トンの豆が600人の参加者によって鬼に投げつけられた。

【画像】豆の雨を浴びる「facebook鬼」

 同イベントはクロコス(港区南青山)取締役の小澤隆生さんを実行委員長とする有志が、「鬼というハロウィーン的なコスプレ的要素+トマト祭り的な本来投 げてはいけない食べ物(豆)を投げる面白み」をコンセプトに企画。昨年、30キロの豆を使ってテスト的に実施したが、本格的な開催は今回が初めて。豆は食 用に適さないクズ豆を東北の農家から買い付けて使用。「食べ物を粗末にしてはいけない」という思いと、「少しでも東北復興に役立てれば」という意味も込め る。

 

ということで、

本日の『分別してみよう!』は、、、「お面」の捨て方です。

 

 

プラスチックで出来ていることの多い「お面)」は、燃えるごみとして捨てることができます。
半透明のゴミ袋に入れて捨てて下さい。

ただし、50cmを越えるものは 「粗大ごみ」となりますので、
横浜市に料金や回収方法を確認して下さいませ。

 

横浜市のごみの詳しい詳しい分別の仕方

横浜市でごみを処分する際の値段表

 

横浜市一般廃棄物許可業協同組合事務局 TEL045-662-2563 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日除く)
フォームからのお問い合わせはこちら

横浜市一般廃棄物許可業協同組合
横浜資源循環局

横浜市一般廃棄物許可業協同組合公式Facebookページ

タグ

2013年2月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:燃やすごみ

このページの先頭へ